«
»

初音ミク5周年「運命の歯車を廻して」公開しました

2012.09.04



ブログ記事更新が遅くなってしまいましたが、初音ミク5周年おめでとうございます。

2007年8月31日に発売されて以降、ネットにおけるクリエイティブな連鎖を
常にリードし続けていると言っても過言ではない「初音ミク」は、
本当に現代のエンタテインメントの在り方を問うような、
大きな大きな存在へと変化していく5年間を過ごしてきたと思います。

そこそこに最初の頃から「初音ミク」での音楽制作をスタートした自分なりに
この5年間を振り返って考えてみた曲が、
8月31日に公開した「運命の歯車を廻して」です。



KARENTのスペシャル企画にも参加させて頂いています。
KARENT – 運命の歯車を廻して feat. 初音ミク

mp3やカラオケはコチラ。
ピアプロ – 運命の歯車を廻して

少々大げさな表現かもしれないのですが、
「初音ミク」の存在は皆の「希望の星」だったと思うのです。

ヲタな人にとっては、絶対に裏切ることがない(原作ストーリーがない)2次元キャラクターとして。
ミュージシャンにとっては、歌を唄わせることができる「楽器的」な存在として。
また、注目を浴びることができなかったさまざまなクリエイターや表現者にとって、
初音ミクをシンボルとすることで人の注目を集めやすく、創作や実験の象徴として。
(これは悪い意味では決してありません)

DTM(デスクトップミュージック)業界にとっては、低迷していた業界の起爆剤として。

そして音楽業界、エンタテインメント業界にとって。

しかし、人それぞれに理想の初音ミクを描き、人それぞれにその存在を持つことは出来て、
「初音ミク」は共有することができるのだけれど、
「自分の初音ミク」は、人ぞれぞれに思い描くものに差が生まれました。

だから、同じ「初音ミク」のファンであっても、誹謗し合ったり、意見がすれ違ったりします。
外側から見れば「同じ初音ミク」ですが、内側から見た初音ミクは、
携わる人間の数だけ「違う初音ミク」が存在します。

「初音ミクはそんなことしない」とか思ったり、
そもそもそういう「意思を持ったかのような表現」自体に違和感を感じたり、
商業的に大規模に展開されることを喜んだり、あるいは悲しんだり、
新曲を待ち望んだり、あるいは新曲の多さにうんざりしたり、、、
一時話題に上がった「パチンコ化」だって歓迎する人だっているでしょう。

無限です。マジで。言い出したらキリがない。

だから、「シンボル」でイイじゃないっすか、と。
共有できる瞬間だけすれば良いし、
できないときは「自分なりの初音ミク」の解釈で良いと思うのです。

そういうモヤモヤした思いをぶつけたのが今回の曲です。
「本当の初音ミク」は、勝手に一人一人が描けばおk。
すべての人が「同じ初音ミク」を描こうとしても、無理だし、無駄だし、
きっと全然面白くなくなる。

多くの人がなんとな~く、少しずつ面白くなくなっているなぁという感覚は、
以前よりも共有意識が分散したことと、
逆に一部でイメージが集中化し過ぎている、両極から生まれていると感じます。
でも、5年も経てばそれが自然なのかなぁというのがオレなりの考えです。

千人単位のライブを平気で動かすようなバーチャルアイドルと、
ネットでひっそり活動するクリエイター。
その両方を受け入れてくれる存在自体が奇跡的で、
発売から5年経っても、「ブーム」が過ぎ去るというより、
存在が一般化しているという事実。

これからも、日本発の、世界で共有できる、
「クリエイティブのシンボル」としての初音ミクにオレは期待したいなと思います。

そして、これからも「自分なりの初音ミク」に、歌を唄ってもらおうと思います。


GROW feat. 初音ミク REBOOT feat. 初音ミク World Breakout feat. 巡音ルカ NEXT (Ver.i) feat. 初音ミク

Activity

エンタメ創作集団S-TRIBE だいぶVR(PANORA) そそれぽ(iNSIDE) KarenT

Twitter

SOSOSO×VOCALOID

Nintendo Switch PlayStation 4 HTC VIVE

新着記事

報告など
スーパーマリオオデッセイの曲のフルがもう売ってる。
#予言者育成 学園1周年、きっと藤澤Pの長年の挑戦がひとつ結実した日
そそねこによる「そそそオゥフオゥフ」レポート
【#ラブコメのススメ】第1回:「YAWARA!」最大の敵は柔道のライバルではなく恋愛感情。
変なスマホゲー『予言者育成学園』をもっと広めたいおじさん
「ノーゲームデー」にノー
ファミコン世代が日本の害悪とは限らない
だから『無双』が売れる世の中
インタネ社の配信でピアプロの絵を使おうとした人がいた話

  • Amazon Game Top10

    Powered by amaprop.net
  • メタ情報