«
»

ボカロで3枚もアルバム出してるのでそそそを自ら振り返ってみる

2010.08.15

巡音ルカ 鏡音リン・レン 初音ミク

Twitterつぶやきまとめサイトになりつつあるsososo blogですw
久々すぎる更新さーせんw

ワタクシは現在、初音ミクの発売元であるクリプトン・フューチャー・メディア社が運営する
ボーカロイド系ネット配信レーベル『KarenT』に参加していて、
アルバムを配信させて頂いていたりするのですが、そのアルバムも、もうフルで3枚。
2007年ボカロ曲を作り始めて、これまでにリミックス、単発限定公開、アルバム曲、、、
これらを合わせると50曲以上になるんですな。
自分で言うのもナンだけど、けっこう作ってます。

ボーカロイドの界隈はどんどん新しいリスナーが増えていて、
古い曲がどんどん忘れ去られてしまいがち。

そこで、ちょっと自らボカロ曲を振り返って、
個人的に思い入れの強い曲を紹介していこうかなぁというのが今回の記事の目的。
黒歴史があんまりないので出来るこんな企画w

最近「そそそP」ってヤツを知った人はもし良かったら
ぜひこの記事から古い曲たちを振り返ってあげてください。

一番最初にミクさんに歌ってもらう曲はコレにしようと決めてました。

ネットでミクさんの声を聴いて、脳内で「チントンシャンテントン♪」が聴こえたワケですw
ワタクシのボーカロイド処女作はこんなカバーでした。

初めてのオリジナル曲は冬の曲。

これは投稿1周年バージョンですが、旧作はこちら

今でも忘れない、再生数がグングン伸びて、震えが止まらないあの日。
「伝説の週」というタグがはずれない『週刊VOCALOIDランキング #8』にランクイン。


「Packaged」「タイムリミット」「ハジメテノオト」「私の時間」「粉雪(カバー)」
「celluloid」「KEY(HMOの中の人)」「えれくとりっくえんじぇぅ」「恋スルVOC@LOID」
「なぜか変換できない」「Ievan Polkka」「SING&SMILE」「サウンド」
「みくみくにしてあげる【してやんよ】」「クジラ12号(カバー)」「ミラクルペイント」
「SUPER HATSUNE BEAT」などなどなどなど、
『メルト前夜』とも言うべき黎明期のレジェンド曲の中に紛れてランクインしてます。

実はピアプロでコラボを呼びかけたのは自分が最初かもしれませぬ。

こちらも修正版、旧作はこちら
アンチに初めて貼り付かれるという恐ろしい体験をしたのもこの曲。。。w
当時オープンしたてで、コメントぐらいしかまともに機能してないピアプロで、
無理やりコラボを呼びかけて、協力してもらい、動画を作りました。

卒業ソングを作りたくて。



ピアプロで出会ったj-oh氏に動画をお願いしました。
ひょっとしたら自分のボカロ曲の中ではかなり上位に入るかもしれない、お気に入り。
なのでベストを作ったら絶対入れたいw

これより伸びてる曲もあるのに未だに代表曲っぽい。

未だに『Next Stageの人』と呼ばれることがあります。
それぐらいこの曲の印象が強いってことなんですかのぉ。嬉しい限り。

初音ミク生誕祭、翼シリーズはここから始まりました。


iTunesほかの手応えからすると、どうもそそそのアメリカでの一番人気曲はこれらしいです。
ニコでの再生数以外の要素が多すぎるのがそそその一番謎なところ。

そしてオリジナル活動1年の節目。

今ではS-TRIBEで一緒に活動している絵師ウミネコと初めてコラボした曲。
隔離前、この曲が唯一ニコのカテゴリーランキング「音楽」で1位をマークしました。

このあたりまでのオリジナル曲が『NEXT feat. 初音ミク』に収録されています。

さて、中盤~後半戦。

誘われるがままに作ってしまいました。

アレンジ本気です。仕事モードです。
出来るだけカッコよくしようと頑張りました。頑張りましたとも。

ルカさん登場。ミクさんでは歌えない曲を。

ゴスメタルというかハードロックというか。
エヴァネッセンスみたいなジャンルがルカさんに似合いそうってことで。
いわゆるルカ祭りで、過去のそそその曲では一番再生が多い曲。

あ、この時点で、ルカさんの曲は16:9で作り始めてます。

ミクさん生誕祭、翼シリーズ第2弾。


この動画の中に何気なくそそねこがまぎれてるって知ってましたか?w

制作期間がおそらくもっとも長くかかった曲。


それだけに思い入れも強く。
民俗調が好きな人、「そそそ臭」が好物な人、ハードロック成分が足りない人、
このあたりの属性の方々に聴いて頂ければ幸い。

制作するのにもっとも苦労した曲。

同じくそれだけに思い入れが強いです。
ミクさんにこんなラップを歌ってもらうなんて、最初に我が家に来た時点では全く考えてませんでした。

いろんな人に聴いてほしいけど、無理だろうなあ…

今さらだけど、ワタクシ、ピアノもギターも弾けませんからね。
ピアノ弾いてる友達に「頑張った」って誉められましたw
聴いて頂ける方は絶対に2番終わりまで聴いてください。聴かないと後悔しますw

動画制作に思い入れが強い曲。

お友達の上smallの人に写真撮ってきてと頼んで、その写真を動かす動かす動かす。
駅のホームの上下の動きも写真です。グーグルストリートビュー的な。
遠近法がわかっていればたぶん誰でも作れるはず。
写真とイラストを融合させるのが自分的なテーマでした。

Append登場。曲中の感情の動きを重視した曲を。

Append用に新曲を作っていて、実は1曲直前でボツって(それがアルバム曲「素直になれたら」)、
より感情表現要素の強い曲を1~2日で作りました。
この歌詞、実はガンダムのアムロとララァをイメージして作詞しました。

金星探査機「あかつき」を応援。

実は「Kaz-Hit」という名義で過去にビクターのトランスのCDに収録されたこととかあるワタクシ、
久々の全力オリジナルのトランスでした。

このあたりまでが「World Breakout feat. 巡音ルカ」「REBOOT feat. 初音ミク」に収録されてます。

ルカさんに関しては是非アルバムで聴いて頂きたいっす。
アルバム全体の流れがとても気に入ってます。
アルバムのために書き下ろした曲も、それぞれニコ向けじゃないのでアップしてないんですが、
「千年一夜の夢」の前日談があったり、ゲーム「かまいたちの夜」をイメージした曲があったり。
シークレットトラックがAmazon.com MP3でバレバレな件!!w

「REBOOT」は発表済みの曲がほとんどだけど、リファインバージョンも聴きごたえありなので是非是非。

さて、最新どころ。

うまく表現できないけど気に入ってる曲。

同人CD「さんもじ!!」のために書き下ろした曲なのに、ネタ要素ゼロの残念曲。
自分の好みのものをひたすら作り込んだために、動画含めてなんかすごく気に入ってます。

急遽レンくん初登板。

そういえばボカロでラテン系のことやってないわ~みたいなところからスタート。
「愛の翼」で出てくる黒服ミク天使が、少年(レンくん)の前に現れて、翼を授ける…
みたいなところで、ふたつの視点で物語を進めようと思って作っていたんだけど、
この曲とレンくんの相性が良すぎて、レンくん一本のストーリーで絞ることに。

ここまで超駆け足で振り返ってみたそそそのボカロ活動の歴史。

…まるで成長していない。

いや、変わらないクオリティで作り続けるのが自分の持ち味なのでw

興味を持って下さった方はぜひニコ動のマイリスYouTubeKarenTS-TRIBEのページまで!w

ミクさんの生誕祭ももうすぐ。…もちろん用意してます!…が、中身は秘密!


VOCALOID2 キャラクターボーカルシリーズ01 初音ミク HATSUNE MIKU
クリプトン・フューチャー・メディア (2007-08-31)
売り上げランキング: 139


GROW feat. 初音ミク REBOOT feat. 初音ミク World Breakout feat. 巡音ルカ NEXT (Ver.i) feat. 初音ミク

Activity

エンタメ創作集団S-TRIBE だいぶVR(PANORA) そそれぽ(iNSIDE) KarenT

Twitter

SOSOSO×VOCALOID

Nintendo Switch PlayStation 4 HTC VIVE

新着記事

報告など
スーパーマリオオデッセイの曲のフルがもう売ってる。
#予言者育成 学園1周年、きっと藤澤Pの長年の挑戦がひとつ結実した日
そそねこによる「そそそオゥフオゥフ」レポート
【#ラブコメのススメ】第1回:「YAWARA!」最大の敵は柔道のライバルではなく恋愛感情。
変なスマホゲー『予言者育成学園』をもっと広めたいおじさん
「ノーゲームデー」にノー
ファミコン世代が日本の害悪とは限らない
だから『無双』が売れる世の中
インタネ社の配信でピアプロの絵を使おうとした人がいた話

  • Amazon Game Top10

    Powered by amaprop.net
  • メタ情報